マッサージで疲れを取ることが目を大きく見せるコツ

  • 目を大きくするマッサージの方法

    • 人との対面において意外にも第一印象としてとらえる部分なのが目といわれており、目があまりにも細かったりすると印象度合いが低くその後の関係づくりの心証が遅くなります。目が遅くなるのは生まれつき以外にも、近眼で目を細くしてみることが習慣化している場合や花粉症などでこすりすぎて顔面の筋肉が硬直している場合が挙げられます。



      そこで目を細くしてみることが習慣化している場合や花粉症などでこすりすぎて顔面の筋肉が硬直していることで開きにくくなったいる人への対策としては、開けやすいように大きくできるようなマッサージを行うことが先決です。


      その方法としてはマッサージする手が冷たいと意味がないので、下準備として38度から40度になるお湯かホッカイロで手を暖めてその後手の潤いとマッサージのために保湿クリームとオイルを用意して塗っておきます。そして大きくするためのマッサージの最初は毒素を出すことであり、瞼にある涙線のあたりには毒素を出すリンパ腺があるため人差し指と中指の2本で鼻先から瞼に向かって押すようにしてリンパ節を刺激するのですがこの方法を朝と昼と晩で計5回ずつ行い毒素を排出します。

      しっかりとしたgoo ニュースに関する予備知識の情報が満載です。

      そして毒素を排出しながら、次に瞼を広げる方法を行います。



      瞼を広げるためには瞼の下にある骨を広げることが大事であり、そのためには人差し指と中指そして薬指の3本をを骨の部分に沿うようにおきそのまま真下に向かってゆっくり5秒ほど押すことをこの方法を朝と昼と晩で計5回ずつ行います。


      大きくするためにはすぐに効果は発揮されず積み重ねで大きくなるのですが、このマッサージの効果を引きあげるためにはお風呂など必ず血行を促進しながら行うことがベストです。