マッサージで疲れを取ることが目を大きく見せるコツ

  • 目を大きく見せるためのマッサージ

    • 目を大きく見せるためにはマッサージを行うことで効果が得られる場合があります。

      目元は毎日酷使されているため疲労が蓄積しやすく、まばたきなどにより運動量も多い部位です。



      コンタクトレンズを使用していると乾きやすく、パソコンやスマートフォン、タブレットなどの電子機器の長時間使用により疲れがピークに達してしまうことがあります。
      この状態のまま放置していると血流が滞り老廃物が溜まってしまい、まぶたのむくみやたるみなどを引き起こし、結果として目が小さく見えるようになってしまいます。大きく見せるためには、マッサージで老廃物を流れやすくし、むくみを取るだけでも大きく見せることが可能です。

      目元の疲れはその日のうちにケアすることが大切です。

      マッサージは、スキンケアの最後に取り入れることで日課にしやすくなります。

      乳液やクリームを塗った後であれば、滑りも良くなるため余計な摩擦を与えずにすみます。
      目尻を起点として円を描くようにマッサージしていきます。

      NAVERまとめの情報を掲載しませんか。

      こめかみも刺激し、そのまま耳の前まで指を滑らしていき、リンパ部分を刺激します。
      フェイスラインから首筋をなぞっていき、鎖骨下のツボを押します。

      額に疲労が溜まっても皮膚がたるんで影響を受けてしまうため、額もマッサージを行います。



      同じように額の中心で円を描くようにほぐしていき、中央から外側へとむけて円を描いていきます。


      最後にこまかみを押さえて、頭頂部へと向かって大きな円を描くようにして完了です。